住宅性能表示

住宅の性能を比較するものさし。

住宅性能表示とは

これまで住宅には比較検討する上で共通の「ものさし」がなく、素人の方々には性能の違いがわかりませんでした。そこで、住宅の性能を法律に基づいた一律の基準で表示・評価する「住宅性能表示制度」が作られました。この制度に基づいて発行されるのが「住宅性能評価書」です。この制度のおかげで、さまざまな工法で建てられる物件を横並びに比較することができるようになり、一般の方でも住宅の比較検討がしやすくなりました。

住宅性能表示 優良な住宅の品質を見極める

お家を購入する際にこんな疑問はありませんか?

  • 「高性能」とは何を基準に言ってるの?
  • 見えない所を手抜き工事していない?
  • 年月が経てば建物の価値はどうなるの?

法律に基づいて住宅をチェックして機能を等級別に明示することで
さまざまな疑問をクリアにするのが「住宅性能表示」です!

10項目の評価分野

  • 構造の安定

    地震・風・積雪に対しての建物の強さを評価します。

  • 火災時の安全

    火災の早期発見のしやすさ、外部からの延焼に対する耐火性を評価します。

  • 劣化の軽減

    柱や土台の劣化の進行を遅らせるための対策を評価します。

  • 維持管理への配慮

    排水管・水道管・ガス管の点検・清掃・修繕のしやすさを評価します。

  • 温熱環境

    建物の冷暖房を効率的に行うための断熱などの省エネ対策を評価します。

  • 空気環境

    室内への有害物質の発散量・換気対策を評価します。

  • 光・視環境

    室内の明るさを部屋の広さに対する窓の大きさの割合で表示します。

  • 音環境(選択項目)

    開口部の遮音性能や共同住宅の上下や隣接する住戸への音の伝わりにくさを評価します。

  • 高齢者への配慮

    高齢者や子供が暮らしやすいよう、バリアフリーの程度を評価します。

  • 防犯対策

    犯罪者が住宅に侵入しないよう、開口部に対策がとられているかを評価します。

全10分野32項目について徹底的にチェックされたものが公的書面として作成されます。
それが「住宅性能表示」です。