リフォーム

家をリフォームする際のご説明です。

建替えをご検討の方へ

すでにマイホームをお持ちで築後20年くらいが過ぎると、建物の老朽化・家族構成やライフスタイルの変化により、新しい住まいにしたいとお考えの方は多いようです。その際に、建替えにするかリフォームにするかのご相談をよくいただきます。そんな方に、まず建替えに関するメリットやデメリット、そしてリフォームをする際の流れをご紹介します。

リフォーム 住み慣れた家の価値を高める

居心地のいい満足できる居住空間を実現しよう!こんな場合はリフォームをご検討ください

  • 建物の構造に問題がない場合

    建築物自体に大きな問題箇所がなく、その上で一部分の改装をお考えの方はリフォームがおすすめです

  • 建築コストを抑えたい方

    解体や基礎づくりから作り直す建替えと比較して、部分的に修復するリフォームはコスト的に安くなる場合が多いです。また、各種税金も建替えと比較して安く収まる場合があります。

  • 今後もその家に住み続けるかわからない方

    今後、生涯にわたってその家に住むかどうかわからない方は、多額の費用をかけて建替えをするには検討の余地がありそうです。その場合は、部分的なリフォームをおすすめします。

  • 改善したい箇所が一部の場合

    キッチンやお風呂などの水廻り・壁やフローリングなどの内装のように、改善したい箇所が部分的な場合はリフォームがお得です。現在も使用できる場所を活かした最適なリフォームがいいでしょう。

  • 建物が新耐震基準で申請されている場合

    1981年に耐震基準が大きく改正され新耐震基準が誕生しました。それ以降に申請されている建築物の場合は基準をクリアしています。基礎的な耐震リフォームは必要ないと思われます。

  • リフォームのメリット

    ■建替えと比較して諸費用を含めた総予算が安くなる
    ■建替えと比較して工期が短くなる
    ■引っ越しの必要がなく住んだまま工事ができる
    ■基本的に増築でない場合は規制を受けない

  • リフォームのデメリット

    ■地盤に問題がある場合は対応できないことがある
    ■耐震など構造補強を含めた場合は割高になる場合がある
    ■間取りなど自由にならない場合がある
    ■場合によっては家の強度に不安が残る場合がある
    ■従来のお部屋と新しいお部屋に違和感が生じる

リフォームのながれ

  1. お問い合わせ

    リフォームもしくは建替えをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。担当者が親身になってご対応させていただきます。

  2. 現場調査・ヒアリング

    お悩みやご要望をお聞きした後に実際にお家を拝見します。外的なチェックだけでなく内部まで調査いたします。

  3. ご提案・お見積り

    現地調査やご要望をふまえて施工に関するご提案とそれに関わるお見積もりをさせていただきます。

  4. ご契約・打合せ

    ご納得をいただいた後にご契約とさせていただきます。その後、スケジュールや施工に関する打合せを行います。

  5. 着工

    ご提案したプランに合わせて、速やかに施工いたします。

  6. 竣工・検査

    リフォーム工事が完了すると、お引き渡しの前に完了検査を行います。

  7. お引き渡し

    完了検査を行い合格すると完全にお引き渡しとなります。

  8. アフターサービス

    リフォームをした箇所に関しては当社による定期点検をさせていただきます。