重要事項説明

住宅購入に必要なお金の話

重要事項説明とは

重要事項説明とは契約前に物件に関する重要な事項をお客様に対して説明することです。これは宅地建物取引業法で定められており、権利関係や法令上の制限など多岐にわたる売買契約に関して、重要事項説明書に基づきながら説明を行います。重要事項説明書は住宅購入後の証拠になる大切な書類なので大切に保管してください。

 

  • 【不動産の表示】

    不動産の表示は基本的に「登記記録」に記載された内容が中心となります。購入される土地・建物に関する情報です。ただし、地番はそれぞれの土地に対して付けられた固有の番号で、住居表示が実施されている区域の住所表示とは異なります。

  • 【売主の表示】

    売主の住所や氏名などを記載しています。不動産の売主は必ずしも登記記録に記載された所有者とは限りません。登記記録上の所有者と売主とが異なる場合は、売主の権利の内容等についてご確認ください。

  • 【登記記録に記録された事項】

    登記記録は1区画の土地とその建物ごとに表題部と権利部に区分けして作成されています。表題部は土地と建物に関するそれぞれの概要、権利部は所有者に関する事項と所有権以外の権利に関する事項が記載されています。

  • 【法令に基づく制限の概要】

    不動産を購入して所有権を得たからといって、すべてが自分の自由になるわけではありません。他人に売却する場合、人に貸す場合、建物を建てる場合などさまざまな法律によって制限されているのでその内容を記載しています。

  • 【敷地と道路の関係】

    接面する道路の種類や幅員および接道の長さなどを記載しています。道路の種類や接道状況によっては、その敷地に建物を建築する際に制限が加わるので土地の利用に関してとても重要な部分です。

  • 【私道の負担等に関する事項】

    購入された敷地内に私道の負担が含まれているかどうかが記載しています。負担が生じる場合は、私道の負担面積や私道の負担金などが記載されています。

  • 【上下水道・ガス・電気の供給施設および排水施設の整備状況】

    すでに各ライフラインの整備が終わっている場合には、主に配管の状況を記載しています。

  • 【住宅性能評価に関する事項】

    新築住宅の場合において、登録住宅性能評価機関による住宅性能評価書の交付を受けている場合にはその旨を記載しています。

  • 【売買代金以外に授受される金銭】

    売買代金以外にかかる費用について記載しています。手付金、固定資産税・都市計画税の清算金、管理費・修繕積立金の清算金などです。

  • 【金銭の貸借に関する事項】

    住宅ローンの斡旋がある場合は、ローンの借入金額、金利、借入期間、金融機関などを記載しています。

※その他にもさまざまな重要事項があるので担当者がご説明させていただきます。