すまい給付金について

消費税アップの負担を軽減

すまい給付金とは?〜是非利用したい、期間限定のうれしい制度〜

「すまい給付金」は消費税率アップに伴いつくられた制度。一定の条件を満たした場合、住宅を購入する際に現金支給してもらえるとても助かる制度です。
「住宅ローン減税」は所得税から控除される仕組みなので、収入が低く、納税金額が低い人はあまり恩恵を受ける事ができません。そこで、収入によって給付金額が変わる仕組みの、「すまい給付金」制度がつくられました。
2014年4月1日から2017年12月31日まで実施予定で、最大30万円(※)を受け取ることができます。
期間限定のこの制度を是非活用しましょう。

※消費税率10%の場合、最大50万円となります。

すまい給付金を受けるための主な条件

すまい給付金を受けられる「人」の条件

  • 住宅の所有者であること(不動産登記上の持分所有者であること)

  • 住宅の居住者であること(住民票で確認できること)

  • 収入が一定以下であること

    消費税率 8%の時  収入額510万円(※1)以下を目安とする
    消費税率 10%の時  収入額775万円(※1)以下を目安とする

  • 【住宅ローン(※2)を利用しない場合のみ】

    年齢50歳以上、収入額650万円(※1)以下を目安とする

※1 収入額の目安は、夫婦(妻は収入なし)及び中学生以下の子どもが2人のモデル世帯においての目安額です
※2 住まい給付金上の住宅ローンの定義は「住宅の取得のために必要な借入金であること」「償還期間が5年以上」「金融機関からの借入金(親類や知人からの借り入れは含まず)であること」となります

すまい給付金を受けられる「住宅」の条件

  • 消費税率8%または10%が適用されていること

  • 床面積が50㎡以上であること

  • 第三者機関の検査を受けていること

  • 【住宅ローンを利用しない場合のみ】

    フラット35Sの基準を満たしていること

すまい給付金 給付額の計算方法

すまい給付金 給付額の計算方法

給付金基礎額

収入額の目安によって決定

すまい給付金の申請は、住宅取得者が行います。夫婦それぞれに持ち分がある場合は、それぞれが申請することになります。原則として、取得した住宅に住み始めた後に申請します。全国に設置するすまい給付金窓口へ持参するか、事務局への郵送により行うことができます。
詳しくは国土交通省「すまい給付金」のサイトへ